ケアリッツ・テクノロジーズ

2024年4月1日、エンジニア職41名・総合職3名を新たな仲間として迎え、入社式を行いました。
昨年からは、当社とケアリッツ・アンド・パートナーズ、東都観光バスと、代表の宮本が社長を務める3社がすべてミライナタワーに集まりました。
そのため、今年は初めてそれぞれのフロアの入社式会場を中継でつなぐ形で、新入社員の社会人としての門出を祝いました。

式典は代表の宮本の講話からスタート。内定式でも触れた「学生と社会人の違い」、「働いて給与を得ることの意義」を
改めて説明し、「社会人として働く心構えをしっかりと持ってほしい」と伝えられました。
続いて、各社ごとに取締役より新入社員に対する期待を込めたメッセージが送られ、中でも太原の
「自分の力で仕事の課題を解決することも重要だが、それ以上にちゃんと周囲に協力を求め、巻き込んでいくことも重要」
という言葉に、新入社員の表情は、ケアリッツ・テクノロジーズの一員になったんだという実感を感じられるものとなりました。
最後にメッセージを受け、エンジニア職・総合職の各代表者から決意表明が行われました。
それぞれの堂々とした決意表明には頼もしさもあり、改めて新たな仲間を迎える喜びを感じることが出来ました。

宮本社長

太原取締役

古関取締役

清原取締役

入社式の後は、リフレッシュルームに集まってのランチとなり、それぞれに親睦を深める場となりました。12月に移転したばかりということもあって、初めて新オフィスを目にすることになった新入社員たち。オフィスからの見事な眺望に感動し、これから始まる社会人生活への期待に胸を膨らませている様子が印象的でした。

ケアリッツ・テクノロジーズの社員数は分社後3期目で700名を超え、順調に成長し続けています。
今年度もお客さまに「本当に役に立つシステム」を提供すべく、一層邁進してまいります。

投稿者プロフィール

総務部の片岡
小学3年から卓球一筋。
2023年9月にケアリッツ・テクノロジーズに入社。
仕事と両立させながら、卓球部で日本リーグに参戦。